エアー配管の見直し(撤去や再構築)の事で相談したい!省エネにも繋がりますか?

※2018年1月25日記事を修正しました。

弊社ではコンプレッサーの修理販売・メンテナンス以外の業務としてドライヤー関係のフロン回収処分、マニフェスト提出なども行っています。エアーのことなら何でも安心してお任せください。

さて、今回はエアー配管についての話です。例えば、コンプレッサーの本体ゲージで針が8MPaを示しているのに、工場ラインの末端では5MPaになってたりしていませんか?

配管の距離が長くなると圧力は損失しますし、エルボや角ニップルなど配管ラインに角度が加わる度に圧力は低下していきます。

一番最善の方法としては、配管をループ状に設置することです。しかし既設の工場で出来上がった配管網を1から再構築するとなれば、金額も大きなものになります。コンプレッサーの省エネ対策を含めて、その工事金額が何年先にペイが可能なのかを試算する必要があると思いますが、思うように予算が組めないところは多いと思います。

そこで、弊社では末端でのエアー圧力低下を改善する為に、既設のエアー配管の見直し業務を行っております。配管を人間の血管と捉えると少し分かりやすいかもしれません。メインラインの配管があり、末端ラインでの配管があります。メインラインの配管は、既設機のコンプレッサーのエアー吐出量と関係し、サイズを決めます。末端のエアーラインは、母管の大きさよりも小さなサイズに構築することで圧力は改善され易いです。

新幹線トンネルに突入した際に、耳に違和感を覚えたことはありませんか?それは圧力が発生させた圧縮波の影響です。同様に大きなサイズの配管から小さな配管へと要所要所を見直すことで、末端での圧力も変化します。

弊社ではそれに加えてカプラの位置や個数。お客様のエアー使用環境に見合った、エアー配管の構築及び再構築も承っています。

配管の材質は鉄が良いのか、ステンレスが良いのか、ゴムホースで繋げるべき所、フレキホースで接続した方がよい箇所など、コンプレッサーのエアー使用環境を快適にする為にも、ご提案致します。お困りのことなどありましたら、お気軽にご連絡ください。よろしくお願い致します。

追記
ブースターコンプレッサーを設置して、末端でのエアー圧を回復などの方法もあります。ブースターコンプレサーの活用方法は、また別の機会で記します。

著者:有限会社大西エアーサービス 大西健

コンプレッサーの修理・相談窓口


TEL 092-410-4622

受付時間/平日 AM8:30~PM17:00
     土曜 AM8:30~PM15:00


FAX 092-410-4623

メールでお問合せ

(日曜・祝祭日は休業) 深夜・早朝の場合は、メール又はFAXをください。