油注入や補充の際は、オイルジョッキで!最後の1滴まで丁寧にご使用ください。

※2018年1月25日記事を修正しました。

Q.オイル注入や補充の際は、どのようにすれば良いでしょうか?

と、質問を受けることがありますので、初歩的ではありますが、こちらのブログでお答え出来ればと思います。

オイル注入については、幾つも方法はあると思います。例えば、灯油をシュポシュポ(先端が赤いもの)でお馴染みの、正式名称が「石油燃焼器具用注油ポンプ」を使用して注入する方法。

修理屋では上記の方法で注入する場合もありますが、注入まで時間が掛るので、素直に『オイルジョッキ』をお勧めします。

1L、3L、4L、5L用など、種類も様々ありますが近くのホームセンターへ行けば、必ずあると思いますので、お持ちでない場合はぜひお買い求めください。

何故、初歩的なことである、オイルの注入の際の「オイルジョッキ」を説明するのかと言うと、それはオイルもお金。しかもコンプレッサーオイルは高額ですので、最後の1滴までとは言いませんが、漏らさずに丁寧にご使用いただきたくその想いから今回のブログを書いています。

勿論、僕らもオイルジョッキの販売も行っていますが、ホームセンターで揃えて頂ければ問題ありません。4Lや5L用のモノが使い勝手が良いです。

御使用後は、オイルジョッキに残った油をウエスで綺麗にされた上で保管されてください。

人間の血液と同様に、異なったオイル銘柄を使用されると、オイルの固着や劣化に繋がりますのでご注意下さい。

オイルの販売も行っております。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/onishi-air/a5b3a5f3a5.html
ご用命の場合はお気軽にご連絡ください。よろしくお願い致します。

日々のオイル管理は、コンプレッサーを長くご使用いただく上でも大切です。

著者:有限会社大西エアーサービス 大西健

コンプレッサーの修理・相談窓口


TEL 092-410-4622

受付時間/平日 AM8:30~PM17:00
     土曜 AM8:30~PM15:00


FAX 092-410-4623

メールでお問合せ

(日曜・祝祭日は休業) 深夜・早朝の場合は、メール又はFAXをください。