エアーコンプレッサー圧力ゲージの動作確認方法について | アナログ表示編

※2018年1月25日記事を修正しました。

エアーコンプレッサーの圧力表示計には、デジタルとアナログタイプがあります。

特に設置後何年も経過しているエアーコンプレッサーの場合は、圧力ゲージが正常に動いているのか再度ご確認いただきたく今回の動画とブログをアップします。

何故、エアーコンプレッサーの圧力計の確認が必要であるかを最初に書きます。

圧縮エアーが正常に作られているかの確認を行う為、安全弁が噴気している場合は、噴気している時点での圧力表示を確認する為、または工場内の設備の増設際なども、圧力計を参考に算出します。目視で確認出来る、もっとも重要な部品です。

ゲージに狂いがあると、故障の判断で正確な原因を特定することも難しくなります。

アナログタイプの圧力計の確認方法は簡単です。コンプレッサーを完全に停止し、エアーを完全に抜いて下さい。突然コンプレッサーが再起動しない為にもメーンブレーカはOFFにしていた方が無難です。

完全にエアーが抜けた状態にも関わらず、圧力計の針が0MPaを示さない場合は故障していると判断出来ます。早期の交換をお願いします。

次に起動して昇圧しているにも関わらず、圧力計の針が0MPaを示したまま暫くして昇圧していく場合も不良です。その場合は停止圧力が、例えば本来だと8MPaにも関わらずに5MPaを示していたりするので、そんな場合も交換をお願いします。

大きなトラブルが発生する前に、気づいたことを早め早めに対処していくと良いでしょう。工場を稼働させる場合は、エアーコンプレッサーの停止は致命傷に繋がります。予備機のエアーコンプレッサーの設置など対策が予算的に難しい場合は、特に日頃からの管理を大切にされてください。

圧力計はコンプレッサーの調子を確認できるバロメーターです。交換時は手工具などお持ちであれば、安全対策(ブレーカOFFとエアーを完全に抜くこと)を徹底していただければ出来ると思います。何事も安全第一で考えながら、処置されて下さい。

コンプレッサーのこと、エアードライヤーのこと。緊急時や定期メンテナンスのご依頼などお気軽に先ずはご一報いただければと思います。

現場サービスマンは、日中は作業に出向いていることも多いのですが、あなたのビジネスを停滞させない為に、出来る限り1日でも早く機器の復旧を目指して頑張りますので、今後とも何卒よろしくお願い致します。

著者:有限会社大西エアーサービス 大西健

コンプレッサーの修理・相談窓口


TEL 092-410-4622

受付時間/平日 AM8:30~PM17:00
     土曜 AM8:30~PM15:00


FAX 092-410-4623

メールでお問合せ

(日曜・祝祭日は休業) 深夜・早朝の場合は、メール又はFAXをください。