【注意】エアー配管工事にて塩ビ管の使用は禁止です!

※2018年1月24日記事を修正しました。

今回のテーマはタイトル通り
「エアー配管工事では塩ビ管の使用は禁止」についてです。

動画でお伝えした内容に付け加えてお伝えできればと思います。
塩ビ管でも耐圧は1.0MPaのものもありますが、塩ビ管と塩ビ管を接続する際の接着部が経年劣化若しくは、接着不良により外れてしまう場合があります。
外れると表現すると優しいのですが、実際は破裂に近いです。お客様自身でも簡単に工事が可能なので、塩ビ管で工事をされている場合など、見受ることもありますが、事故に繋がる危険性が高いので、ガス管やホースまたは、エアーライナー(次回以降記載します。)で工事されるようにお願い致します。

現場は「安全第一」だと思います。それに尽きます。
2番目にコンプレッサーを止めない対策だと考えます。

どうか安全に配慮された上で、エアー配管について見直されてみてください。

コンプレッサーの修理販売メンテナンスについてはお気軽に弊社までご連絡ください。
メーカー型式などは問いません。

今日のお仕事もご安全に取組まれてください。

著者:有限会社大西エアーサービス 大西健

コンプレッサーの修理・相談窓口


TEL 092-410-4622

受付時間/平日 AM8:30~PM17:00
     土曜 AM8:30~PM15:00


FAX 092-410-4623

メールでお問合せ

(日曜・祝祭日は休業) 深夜・早朝の場合は、メール又はFAXをください。