エアーコンプレッサーの設定圧力の変更方法について。「分かりやすく解説します。」

圧力スイッチの役割や、設定圧力の変更方法を知りたい方へ

レシプロコンプレッサーを使用していて、工場内での圧力が少し弱い気がする。自分たちで圧力の変更が可能か知りたい。また、部品が入手できる場合は、自分たちで交換や修理が可能かも知りたい。と考えていませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

私はコンプレッサーの修理屋です。福岡県を拠点に日々修理やメンテナンス、オーバーホールをしています。今回は、タンクマウント型のレシプロコンプレッサーでの圧力変更についてです。スクロール機やスクリュー機に関しましては、基本的に基盤操作になりますので、個々のメーカで変更方法が異なります。取扱い説明書をお持ちでしたら、1度ご確認ください。万が一、取説を紛失してしまった場合は、弊社までご連絡ください。有料になりますが、入手可能です。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/onishi-air/bce8b0b7a4.html

・そもそも圧力スイッチには、どんな役割があるのか!?

圧力スイッチには、設定した圧力になったときに、接点信号を出力して、コンプレッサーを停止させ、また再起動圧力になったときに、接点信号を出力し、エアーコンプレッサーを起動させる機器です。

・圧力スイッチが吹きっぱなしになる原因とは

圧力スイッチも長年使用すると付け根部分が腐食しエアーが漏れっぱなし又は、コンプレッサーが昇圧しないなどのトラブルが起こります。

・設定圧力を圧力スイッチで変更するもの、基盤で変更するもの、その違いとは

一般的にレシプロコンプレッサーのタンクマウント式のタイプは、圧力スイッチを調整することで、設定圧力を変更します。その他の箱型のレシプロコンプッサーやスクロール機、スクリュー機のエアーコンプレッサーは、操作基盤で設定圧力を変更するものが多いです。

・圧力スイッチは清掃や点検できますか?

カップを取外して、内部のゴミを除去するなど、可能です。消耗部品ですので、定期的に交換が必要です。販売店や修理店に相談されると、交換時期のアドバイスを受けられると思います。メーカ各社は、概ね3、4年で交換を勧めますが、経験上8年位は正常に作動します。交換する際は、圧力スイッチのほかに、マグネットスイッチや電磁弁と一緒に交換をされるといいです。接点の入り切で連動している機器ですので、同時期に壊れやすいからというのが理由です。

・圧力スイッチの選定の注意点

実際の機器に使用している、圧力スイッチの型番から探すことが、購入の間違いを防ぎ、正しい方法だと思いますが、万が一、圧力スイッチの型番が消えている場合、メーカへ問合せてみることも解決方法の1つです。ご使用中の圧力スイッチの上部などに記載されています、停止圧力と再起動時の圧力設定値や電圧・電流、接点数、接続口径をご確認いただければ、純正部品ではなく互換性のものを探すことも可能です。

・圧力スイッチの調整方法

圧力スイッチの調整方法をお伝えする前に、【重要】コンプレッサーの使用上の注意として、コンプレッサーの仕様圧力以上に、絶対に圧力を上げないでください。空気タンクが破裂するなど大事故に繋がります。

調整方法は、圧力スイッチのカバーを外し、上部のマイナスネジを右、又は左回しにすることで、設定圧力を変更することが可能です。マイナスネジを触る前に、元の位置を忘れないように、マジックなどで印を付けることをお勧めします。

一般的にマイナスネジを時計回りに回すことで、圧力を下げ、逆に反時計回りに回すことで、上限圧力を上げることができます。圧力スイッチに、プラスとマイナスのマークが記載されていますので、確認をした上で作業をされてください。

圧力を変更する前に、必ず現状の上限圧力と下限圧力を確認してください。長年使用されている機械の場合、圧力ゲージに狂いがあることがありますので、圧力スイッチを触る前に、残圧を抜き、ゲージに狂いがないかを確認ください。狂いがある場合は、圧力ゲージを交換してください。ゲージはホームセンターでも購入する事が可能です。

・圧力スイッチからエアー漏れがある場合

圧力スイッチからシューという音がしたら、エアー漏れです。その場合、機器の寿命ですので、早い時期の交換をお願いします。最悪の場合、昇圧し続け、コンプレッサーの破損または、タンクの破裂など大事故になります。

【YOUTUBE】圧力変更の動画

この度は、最後まで読んでいただきまして、誠にありがとうございました。

著者:有限会社大西エアーサービス 大西健

コンプレッサーの修理・相談窓口




TEL 092-410-4622

受付時間/平日 AM8:30~PM17:00
     土曜 AM8:30~PM15:00


FAX 092-410-4623

メールでお問合せ


(日曜・祝祭日は休業) 深夜・早朝の場合は、メール又はFAXをください。